住宅購入とは固定金利でお金を借りること

金利の傾向と言うのは、実は意外とはっきりとしています。

例えば、1990年前後は物凄く高い状態であり、要するにバブルだったわけです。これは当時でもはっきりとわかっていたことであり、金利があまりにも高すぎで、住宅ローンを借りるのが大変であったのです。

この時に固定金利で借りた人は後々まで苦労をしたわけですが、変動金利で借りた人はその後の金利の低下によって、上手く返済額を減らすことができたのです。


住宅購入は一括でそれをすることができるならば、ベストですが、基本的にはお金を借ります。

その時に変動金利にするのか、固定金利にするのかはとても重要な要素になります。

住宅購入の固定金利の知識を増やしてみませんか。

住宅購入においては、ローンは大抵の人に当て嵌まることになります。


固定金利は金利が低い時に活用するべきです。ここ何年かは間違いなく低金利時代となっています。

livedoorニュースの有益情報にあふれているサイトです。

これから上がることは可能性としてはあっても、これ以上地を這うような金利が下がる可能性が低いという見方が強いです。
トレンドとして、これ以上下がることは期待できないので、これから住宅購入でローンを組むのであれば、固定金利が良いです。
これは考え方次第ではありますが、今現在の金利で返済が十分に出来るのであれば、変動金利にして下がるメリットよりも上がるデメリットのほうが大きいです。逆説的ではありますが、高くなるリスクを抑えるために固定金利で借りるわけです。



これは実は相当に良い考え方であり、住宅ローンを組むのに良いです。